MENU

院長挨拶

ご挨拶 Greeting

地域の皆様に信頼していただける整形外科クリニックを目指し、平成15年(2003年)に『笠井整形外科』を開院しました。

MRI等の最新検査機器、理学療法士等の専門スタッフがそろう当院にご評価いただいており、今後も親しみやすさと専門性の両方を併せ持つクリニックでありたいと思っています。

患者様の「ありがとう」の言葉を励みとし、地域医療の発展に寄与できるよう切磋琢磨していきたいと考えています。

日本整形外科学会 整形外科専門医
院長笠井 謙和
日本整形外科学会 整形外科専門医 院長 笠井 謙和

経歴

1994年3月 国立大分医科大学卒業
北里大学整形外科助手
相模台病院
中条中央病院
2003年5月 笠井整形外科開院

資格・所属学会

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会脊椎脊髄病認定医
  • 日本整形外科学会認定運動器
  • リハビリテーション医
  • 身体障害者福祉法指定医

院長インタビュー Interview

子どものころから「人体の神秘」に興味があった

母親によると私はかわった子(?)だったらしく幼稚園の頃には「人体の神秘」という科学マンガやNHKの医療番組を興味深く見ていたとのことです。
そして小学校高学年くらいには医者になりたいと思っていましたね。それからは初志貫徹じゃないですが、国立大学医学部在籍中に学んだ「神経学」に興味を持ち、大学卒業後はより専門分野に進むため整形外科の脊椎班研究員になりました。
あと自分は人と話すのが好きだったので、大学病院で研鑽した後、いずれは地域に密着した開業医になりたいと考えていました。

痛みの裏に隠れたサインを見逃さない

痛みは体の異常を示す重要な「サイン」です。痛みだけを取り除くだけではなく、痛みの裏に隠れている原因を見逃さないということが大切と考えています。
私は、診療をする上で医師としての引き出し(知識・技術)を増やすために修練を積むということ忘れてはいけないと思っています。日常診療と並行して専門医という資格を維持していくことは決して楽なことではありませんが、新しい知識、技術を学ぶために研究会・学会に積極的に参加しています。

患者様のために何ができるかスタッフ全員で考える

患者様のために何ができるかスタッフ全員で考える

うちは、「朝会」というものを開業当時から欠かさずやっています。そこで全員が顔をあわせて話す。元気がないスタッフがいたら互いに声をかける。そういった些細なことが大切なんです。
また、「自分たちで自分の職場を良くする」という気持ちをしっかりと持ってもらいたいと思っています。ただ何も考えず毎日業務をこなすのではなく「どうしたらもっと良くなるのか」「患者様のために何ができるか」ということを考えていくことが自己成長になり、ひいてはクリニックの成長につながっています。

院長は家族でいうところの親父のような役割なので、スタッフを守り、導いていかなければならないのですが、トップダウンの命令ばかりだと、やはり萎縮して不平不満が出てきても言えなくなってしまいます。ミーティングのときはなるべく私は話さず議長役です。
たとえば、この前「ある患者様が院内で転んでしまった」という出来事があり、それに対して皆で改善策を話し合ったところ、スタッフから様々な意見が出ました。さらに話し合っていくと「まずは患者様の安全を第一に、我々ができることから一つ一つやっていこう」という結論がでました。そういう一つ一つの動きを患者様にも分かってもらうために、院内に色々と掲示をしています。患者様は「またここの医院は何かやっているな」と思ってくださっているのではないか、と思います。そういったところで、クリニックの成長を見届けていただきたいですね。

とことん地域に密着した医者になりたい

これからも、とことん地域に密着した治療をしていきご家族で気軽に来ていただける明るいクリニックでありたいと思います。うちに来ることでご自身の健康に興味を持っていただき、体の変化にも敏感になってもらいたいですね。そして心配事や不安などがありましたらいつでも気軽にお声をかけていただきたいと思います。
気軽に相談できるスタッフやドクターがいつもいる。そんなクリニックにしていきたいと思っています。